» 遠距離引越しのブログ記事

引越をするときには、距離によって業者を使い分けるとよいと言うことが分かりました。
つまり、運送関連の業者の場合には距離によって加算されていく引越し料金がそれほど高くないのです。

つまり、遠い距離の引越の場合には引越専門業者よりも運送業者を選択した方が、引越し費用は安くなる傾向にあるのです。それが分かってから、家財道具を減らして見積もりの金額を暗くするような考え方から、もう一つ移動距離のことを考えて見積金額を考えるようになりました。

最も良いのは、全国展開している大きな運送業者に見積もりを出すことと、地元密着型の引越専門業者に見積もりを出すことです。この両者の見積もりの金額をどうにか下げるように話をしてみることで、妥協点を探すのです。

ただ、私がいくつかのパターンで引越業者を定した時には、地元の引越業者の方が何かと値下げ交渉に応じてくれるので助かったのです。地元の弱小企業だと認識しているので、どうしても大手の企業のサービスは出来ないと最初から考えています。

そんな企業でも、お客さんから仕事を受注するためには金額を下げるしかないと言うことが最初から分かっているのです。なので、大手の見積もりを出して話をするだけで、価格を安くしてくれました。

次の記事では引越し業者を選ぶときのポイントを紹介します。