» 2017 » 2月のブログ記事

引越し先が決まった段階において、新居の場所でどれだけのスペースがあるのか確認すべきです。特にカーペットを入れる予定の場所には周りの寸法を測っておくべきです。
5db722b2afce4bc80fc1d4601af37025_s
カーペットが決まるまでにはいくつものお店を回ったり、サイズを指定して制作してもらう場合にも時間がかかってしまいます。

カーペットは、引越しの家財道具を下ろす前の段階で入れた方が良いので、引越しを想定するよりも前の段階で準備して設置しておく考え方が必要となります。

また、同様にカーテンに関しても引越の当日までには設置することが重要となります。いろいろな物を家の中に入れて、夜間に電気をつけると外から丸見え状態になってしまいます。これを避けるためにも、引越しの当日までにはカーテンを設置する考え方が必要となります。

また、電気や水道に関しても事前に連絡をして開栓作業をやってもらうことによって、引越し当日にトイレを使うこともできる状態となります。このような前もって様々な段取りを考慮しておくと、スムーズに引越し作業を完了することが可能になります。

特に引越し当日には、荷物を下ろして様々な手続きをするだけで精一杯になってしまう事から、このようなちょっとしたうっかりミスを無くすことが重要となります。

引越し業者を決める前に→単身引越し 市内 相場をチェックしておこう

自前で引越し作業を完了させようと考える時、最低でも1トン車程度のサイズのトラックを準備する対策が必要となります。

一人暮らしで、応接間に置くような家具が全くない場合は、一人で作業を完了させたりすることも可能になります。ですが、引越し作業は非常に手間のかかる重労働となるので、最低でも二人以上の作業員が必要になります。

友人などに頼んで作業してもらうと、スピーディーに作業が完了出来るはずです。お礼に焼肉や居酒屋で食事をおごったりすれば十分に喜んでもらえるはずです。
a0001_015895
引越し作業は、作業をやってみると難しい内容は全く無いので、必要な量の車を用意して、二人以上で物を積みこんで下ろすだけの作業です。そう考えると、技術力の高い引越し業者に依頼せずとも全て完了出来ることが分かります。

ただ、ポイントになってくるのは通常は使わないような大型の車両を準備する必要があることであり、引越しの専門車両がある訳ではないので、軽トラックなど屋根がない車両を準備することができれば、どのような車でも対応する事ができます。

引越しをする際に雨が降らなければ幌がついていない屋根無しのトラックでも問題無いので、農作業に使うような車でも十分に使えるのです。