» 2016 » 10月のブログ記事

冷蔵庫 配送 安い業者の探し方!

引越しを決めてから、荷造りをするときに、余分なものを持っていかないことを前提にダンボールに詰め始めました。

3人7

子供にも、新しい家へ持っていくもの、リサイクルするものを分けるように話をしました。最初は、すべて持っていきたいと渋っていましたが、自分の年齢以下のおもちゃは、なるべくリサイクルするように話しました。子供のものは、全部自分でリサイクルするものをダンボールに入れ、引越し前に数回に分けてリサイクルしょっぷへ持っていきました。最初に持って行った時に、思った以上の金額になり、これは、子供の部屋からのリサイクルものなので、子供のお小遣いにしました。リサイクルして得たお金を貯金し、また何か欲しくなった時に貯金から出せるようにしました。間違ってはいけないので、子供には、お金が欲しいからすべてリサイクルするなどは、禁止と話しました。本当に今まで遊んでたり、着たりしていたもので、他の人にも使ってもらいたいと思ったものだけにするようにちゃんと話しました。家の中でリサイクルしたり、大人の洋服のリサイクルで得た代金は、家族の貯金にしました。貯金というほど大きな金額ではありませんが、臨時に得たお金は、大事にしたいと思いました。引越しを機に断捨離したおかげで、今は、まだ部屋の中がスッキリしていて嬉しいです。

「大手の有名引っ越し業者だからすべて任せて安心」なんてことは絶対にないです。逆に、「名前も聞いたことがないような小さな引っ越し業者だから信用できない」なんてこともないです。名前が知られていなくても評判が伝わってこなくてもいい引っ越し業者はあります。

「大手の有名引っ越し業者だから絶対に良心的」とか「評判が良い引っ越し業者だから必ず良い引っ越しができる」なんてことはないのです。わたしの経験上そう思います。口コミの力はとても大きいけれど、その口コミが本当かどうか分かる人がいるのでしょうか・・・。
打ち合わせ4
わたしは引っ越しが決まると必ず3社の引っ越し業者に見積もりをお願いしています。1社だけ見積もってもらって満足することはありません。それがどんなに口コミで評判が良い引っ越し業者だったとしてもです。たった1社だけの見積もりではその見積金額が妥当なのかどうかの判断ができません。

実際に家まで来てもらい家の中にある大きな家具や電化製品を見てもらい、段ボールの必要枚数などトータルで見積もってもらうことが大事だと思っています。それを3社に頼むと引っ越し料金のだいたいのことが分かります。どうすれば安く上がるかも分かるので工夫もできます。