» 引越しプチ情報のブログ記事

ec3a879d8ddf331aaf19b9c1797413e7_s引越しをするときには、引越し料金で業者を比較する必要があります。
私の知り合いに引越を専門にやっていた業者があったのですが、数年前に別の会社に吸収されたような形になりました。
引越業者というのは大手の業者から、下請けをもらっているような会社がいくつもあるそうなのです。
利益を求めて会社の再編成が何度も起きてしまうとのこと。なので、あまり有名で無い引越業者があると思っていたら、いつの間にか消えているという事もあるのです。

最近は、大手の引越業者と価格を比べると相当な開きがあるような、最安値の引越業者がいくつも出てきました。
価格優先で引越業者を選ぶというお客さんは多いのです。
そんなお客さんのニーズをカバーするべく、安い引越業者がいくつも出てきているのです。

値引きをしたい時の引越しの時のお役立ち情報→引越し値引き

私は知り合いがそのような業者を利用したことがあるのですが、引越し作業が遅かったり、約束の時間に遅れたり、作業中にも私語が多いなど、マナーが徹底していない業者なのですが、それでも安い費用で全ての道具を移動することが出来たとのことで、好感度は持てるとの事でした。

やはり、引越業者を選ぶ最大のポイントは価格だと思います。
移動するときの態度が悪いとかそのあたりは全然許容範囲だと思います。

引越をするときには、距離によって業者を使い分けるとよいと言うことが分かりました。
つまり、運送関連の業者の場合には距離によって加算されていく引越し料金がそれほど高くないのです。

つまり、遠い距離の引越の場合には引越専門業者よりも運送業者を選択した方が、引越し費用は安くなる傾向にあるのです。それが分かってから、家財道具を減らして見積もりの金額を暗くするような考え方から、もう一つ移動距離のことを考えて見積金額を考えるようになりました。

最も良いのは、全国展開している大きな運送業者に見積もりを出すことと、地元密着型の引越専門業者に見積もりを出すことです。この両者の見積もりの金額をどうにか下げるように話をしてみることで、妥協点を探すのです。

ただ、私がいくつかのパターンで引越業者を定した時には、地元の引越業者の方が何かと値下げ交渉に応じてくれるので助かったのです。地元の弱小企業だと認識しているので、どうしても大手の企業のサービスは出来ないと最初から考えています。

そんな企業でも、お客さんから仕事を受注するためには金額を下げるしかないと言うことが最初から分かっているのです。なので、大手の見積もりを出して話をするだけで、価格を安くしてくれました。

次の記事では引越し業者を選ぶときのポイントを紹介します。